logo

スズキ・メソード

スズキ・メソード

スズキ・メソードは、バイオリンを幼児期にスタートさせるには一番適している!と早期教育に取り入れる親が多く見られます。スズキ・メソードに学んだ人たちも多いため、とても人気が早期教育のひとつです。日本のヴァイオリニスト鈴木鎮一によって創始されて、日本だけではなくアメリカなどで教育活動が展開されています。

スズキ・メソードの歴史

理念は『どの子も育つ、育て方ひとつ』です。昭和7年(1932年)に、帝国音楽学校のヴァイオリン教授だった鈴木鎮一の下に、当時4歳の江藤俊哉(日本で20世紀最大のヴァイオリニストと言われて伝説的な存在)が父親に連れられてきた事から始まります。そして同じ様に早期教育を望む親子が次々と現れる中で、ヴァイオリン教授の鈴木鎮一は母国語と同じように耳から音楽を教える母語教育法を確立していきました。

戦災と疎開を経て、昭和21年(1946年)に松本市に松本音楽院を開設します。松本音楽院とあわせて全国幼児教育同志会を発足させますが、2年後の昭和23年(1948)に全国幼児教育同士会から才能教育研究会と改称します。さらに昭和25年(1950年)に文部省(現:文部科学省)より「社団法人 才能教育研究会」として認可されて、今日に至るスズキ・メソード普及の主体となりました。

海外への展開

昭和39年(1964年)以来、鈴木鎮一は毎年10人の5歳から13歳くらいまでの生徒を海外演奏旅行に連れて行きました。この10人の生徒を連れて行くことを「テン・チルドレン・ツアー」と呼ばれていて、平成6年(1994年)まで約30年間にわたって、20ヵ国384都市で483回にわたるコンサートを行なっています。最初の「テン・チルドレン」には、現在東京交響楽団ソロ・コンサートマスターの大谷康子さんや物理学者の早野龍五さんも参加しています。

アメリカでは、昭和50年(1975年)にハワイ州で第1回世界大会を開催しています。さらに昭和53年(1978年)に、鈴木鎮一は日米親善コンサートのため100名の児童を率いて渡米しています。そしてアメリカ側っからも100名の児童も加わってケネディ・センターで行われたコンサートには、娘エイミーをスズキの教室に通わせるジミー・カーター大統領夫妻も臨席しています。

このような活動によってスズキ・メソードは広く普及していき、アメリカ各地で公教育にも取り入れられていきました。平成11年(1999年)の映画『ミュージック・オブ・ハート』でメリル・ストリープ演じる主人公のヴァイオリン教師が用いたのもスズキ・メソードになっています。平成23年(2011年)現在では、アメリカでは日本の生徒数をはるかに凌ぐ30万人が学んでいます。

ヴェネズエラでは、鈴木鎮一初期の門人の小林武史が昭和46年(1971年)に招かれて、スズキ・メソードに基づく教授法を伝えたことで、ヴェネズエラの文化政策エル・システマ成立に大きな役割を果たしました。

過程を終了するには?

スズキ・メソードには生徒の明確な目標を定めるために『卒業制度』というものがあります。教室のレッスンは、基本的にスズキ・メソード発行の教本を順にやっていきますが、教本の各巻はスズキ・メソードが設ける「科」とほぼ対応しています。ただし、上級になると教本を使わずに、市販の楽譜を用いる場合もあります。

生徒は各科の課題曲として決められた曲目をCDなどに録音して、松本市の才能教育研究会本部に送って採点を受けます。録音される機会は1年に1回あり、時期は秋ぐらいになっています。合格すると、卒業証書が送られてきます。

録音をしないで次の練習曲に進むことも出来ます。どの科にも共通することですが、1つの科を何年もかけて卒業する生徒もいれば、1年のうちに複数の科を卒業してしまう生徒もいます。すべてそれぞれの生徒の進度に合わせて進ます。

スズキ・メソード:ヴァイオリン科卒業曲

  • 前期初等科・・・ゴセック、ガヴォット
  • 初等科・・・J. S. バッハ、ブーレ
  • 前期中等科・・・ヴィヴァルディ、ヴァイオリン協奏曲イ短調、第1楽章
  • 中等科・・・ヴィヴァルディ、ヴァイオリン協奏曲ト短調、第1楽章
  • 前期高等科・・・コレッリ、ラ・フォリア
  • 高等科・・・J. S. バッハ、ヴァイオリン協奏曲第1番
  • 才能教育課程・・・モーツァルト、ヴァイオリン協奏曲第4番ニ長調 / ヴァイオリン協奏曲第5番イ長調
  • 研究科A・・・モーツァルト(クライスラー編曲)、ロンド / パラディス、シチリアーノ
  • 研究科B・・・ヴィターリ、シャコンヌ
  • 研究科C・・・メンデルスゾーン、ヴァイオリン協奏曲ホ短調

スズキ・メソードの行事

行事で必ず演奏される鈴木鎮一作曲の『きらきら星変奏曲』は、スズキ・メソード音楽教室のどの科でもレッスンで最初に習う、特別な意味を持った曲になっています。全国大会でもこの曲だけは、参加者全員が演奏する唯一の曲として有名です。

夏期学校

毎年7月末から8月初めにかけて、長野県松本文化会館をメイン会場に一週間ほど開催されます。朝早くから、各曲目に分かれてのグループレッスンがあったり、夕方から夜にかけてのコンサートなどが行われます。全国の会員の社交場にもなっています。

創始者の鈴木鎮一が亡くなった平成10年(1998年)には『鈴木先生をしのぶコンサート』が行われました。

全国大会

毎年3月下旬に全国から3000人余の生徒を集めて一大コンサートを行い、このコンサートは「グランド・コンサート」とよばれています。平成3年(2004年)まで、東京都の日本武道館で行われていましたが、武道館自体の老朽化によって会場移転が決まっていたため、その関係で平成4年(2005年)は開催されませんでしたが、この会場移転は後に撤回されています。